綾瀬の歯科医院なら小高歯科クリニック

hr

衛生士さんだより

HOME >>歯科衛生士さんだより >>第14回 やっぱり治療が大切ですね!!

第14回 やっぱり治療が大切ですね!!

最近ちょっと歯が痛いな(-_-;)歯磨きをしていたら歯肉から血が出た(+o+)物を咬むと違和感がある…。
歯医者に行った方がいいかなぁ~。でも忙しいし、痛み止めの薬でも飲んでおこう!薬が効いたらもう大丈夫(^_^)b
こんな経験、繰り返していませんか?痛み止めを飲めばもちろん痛みは感じなくなりますよね。ただ、当たり前ですが痛みが落ち着いている間にもむし歯菌や歯周病菌は歯や歯肉、歯を支えている骨を侵しています。最終的には薬では痛みが治まらなくなり歯医者に飛び込んで行く…。私はそんな患者さんをたくさん見てきました。
痛い思いは嫌ですよね。しかし、極度にむし歯や歯周病が進行してくると歯や歯の周りの組織が炎症を起こしていて麻酔が効きにくく、すぐに治療を行うことができません。
その時はまず、炎症を抑えてからの治療になります。今月で今年も終わりますね。
年末年始は予約が混み合いますので、痛みや違和感がある方はお早めに予約を取って治療を受けてください!


正露丸をむし歯の穴に詰める!?

正露丸といえば、お腹が痛い時に飲む薬というイメージはありませんか?
今では見かけることはありませんが、民間療法の一つとしてむし歯の穴に正露丸を詰めてどうにかやり過ごしていた…という話があります。
ではそれは本当に効果があるのでしょうか?
「30分くらいしたら、痛みがなくなった」という意見もあるようです。
しかし大半は
「舌がしびれた」
「口の中が正露丸の味でいっぱいになってしまった」
「圧迫し過ぎて逆に痛みが増大した」
…なんだか当たり前の話で悲しいです。
メーカー側も「むし歯痛の一時的な痛みをとりますが、治療効果はありません。一時的な痛みが治まってもなるべく早く歯科治療を受けてください」と言っています。
その時だけ痛みが取れても、やはり“根本的解決=治療”が大事だとわかりますね。
適切な治療を受けて良い歯で新年を明るく迎えましょう!!


▲上に戻る