綾瀬の歯科医院なら小高歯科クリニック

hr

衛生士さんだより

HOME >>歯科衛生士さんだより >>第12回 糸ようじ・フロスについて詳しく知ろう 3

第12回 糸ようじ・フロスについて詳しく知ろう 3

2号に渡って目的から種類まで復習してきましたが、ようやく実践編です!

デンタルフロスの使い方

フロスを指に巻きます。両手とも中指に巻きつけてください。利き手の方にたくさん巻いて、反対側の方は指からほどけない程度だけ巻きつけましょう。あまり強く巻きつけると指の血管がしめつけられてしまうので気を付けてください。


はじめのうちは口の中に指を入れることに慣れていないのですごく使いにくいと思います。おさらいですが、最初のうちはワックス付きを選ぶことをおすすめします。

もしも糸がいつも同じ所で切れたりほつれたら…

  • 歯の側面に虫歯ができている
  • 歯と歯の間に歯石がついている
  • 歯の側面に詰め物がある場合、崩れていたり不具合がある

という事が考えられますが、全部がそうであるとは言い切れません。
うまくできない・やり方がよく分からないという方は当院の担当歯科衛生士までお声をかけてください!

  • 初めてフロスを使う方向き
  • 虫歯など以外でフロスが引っかかりやすい所の使用に適する
  • プラーク(歯垢)除去率がワックスなしのものに比べて劣る
  • 清掃効率が高く、歯表面の汚れを落としやすい
  • 虫歯等でできた小さな凹凸にもひっかかりやすい
    (見つけにくい所の虫歯の早期発見になる)

▲上に戻る