綾瀬の歯科医院なら小高歯科クリニック

hr

衛生士さんだより

HOME >>歯科衛生士さんだより >>第5回 乳歯・萌えたての永久歯は虫歯になりやすい!!

第5回 乳歯・萌えたての永久歯は虫歯になりやすい!!

乳歯・萌えたての永久歯は虫歯になりやすい!! 小高歯科クリニックでは、歯周病の治療(予防)に力を入れていますが、乳歯のうちから健康な歯を守り育てるために、お子様を対象とした虫歯の予防検診も積極的に行なっております。
乳歯が虫歯になると、永久歯にも悪影響を及ぼすこともありますので、お父様、お母様、お子様も定期的に検診されることをおすすめいたします。

乳歯、萌えたての永久歯はなぜ、虫歯になりやすのか?

酸に対して弱い

成熟した永久歯と比べると、乳歯、萌えたての永久歯は歯の質がまだ未成熟です。
そのため、酸に対して抵抗力が弱く、虫歯になりやすいのです。未成熟の歯には歯の質を強くしてくれるフッ素塗布がおすすめです。

食の変化

ミルク~離乳食~大人と同じ食事…と成長と共に子供の食べる物は変わっていきます。その中でも子供はお菓子やジュースなど糖分の多い甘いものが大好きです。
そして虫歯の原因、ミュータンスレンサ球菌もお口の中にある糖分が大好きですので、虫歯にしてしまいます。お菓子やジュースをやめるのは難しいことですので、甘いものを食べたら口をゆすぐ、また、おやつ時の飲み物をジュースからお茶にしたり、キシリトール配合のお菓子にするなど、いろいろな工夫が予防につながります。
普段の食生活を意識してみるといいですね。

口腔内環境の変化

乳歯が抜けると、新しい永久歯が萌えてきます。
上記のとおり萌出したての歯は酸に対する抵抗力が弱く、また萌えている途中では他の歯に比べると歯の位置が低い状態にあるので、今までと同じ歯みがきをしていては、背の低い永久歯に歯ブラシの毛先がうまく届かず、たいへん危険です。虫歯にならないようにするためには、しっかりとした口腔内の状態を把握して、変化していく口腔内環境に合わせた歯みがきをしましょう。また、歯並びが悪いと歯みがきが難しく、虫歯になりやすい原因のひとつでもあります。
永久歯が萌えてきたら、歯並びもチェックしましょう。

▲上に戻る