綾瀬の歯科医院なら小高歯科クリニック

hr

衛生士さんだより

HOME >>歯科衛生士さんだより >>第3回 歯周病(歯周炎)の早期発見、早期治療の大切さについて

第3回 歯周病(歯周炎)の早期発見、早期治療の大切さについて

歯周病(歯周炎)の早期発見、早期治療の大切さについて 歯周病は、プラーク(歯垢)の中の歯槽膿漏菌の感染によって起こる病気です。
歯槽膿漏菌は歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の中に溜まったプラークや歯石に潜んで炎症を引き起こします。

歯周病の症状の軽度なものに歯肉炎があり、症状としては歯肉がブヨブヨと腫れて、歯肉からの出血があります。歯肉炎は歯周ポケットがそれほど深くないので、歯石を除去し、毎日の歯みがきを丁寧におこなっていれば歯肉の炎症がおさまってきます。

問題なのは、歯肉炎がさらに悪化した歯周炎です。
歯周炎が進むと、歯を支える歯槽骨が細菌によって壊され、骨が溶けてしまいます。
残念ながら溶けてしまった骨は元には戻りません。さらに進行すると歯槽骨が歯を支えきれず、グラグラしてきて、歯が抜けてしまうこともあります。

やっかいなことに、歯周病(歯周炎)は慢性疾患で、痛みなく少しずつ歯周組織を壊しながら進んでいく病気です。そのため、自分ではなかなか気づきにくく、気づいた時には歯槽骨が溶け始めてしまっていることがほとんどです。そこで、早期発見のために、痛みがなくても予防を兼ねて定期的に検診を受け、歯肉の検査をしてもらうことをお勧めします。
仮に歯周炎になっていたとしても、早期治療をおこなうことにより、進行を防ぎ、健康な歯肉の状態にも戻すことも可能になります。また、進行してしまっている場合でも、歯科医院にて進行に応じた処置を行い、正しい歯みがきを毎日丁寧に続けていけば歯肉は回復していきます。

小高歯科クリニックには歯科衛生士による正しい歯みがきの指導を受ける予防コーナーが設置されており、皆さん、頑張って通って来てくださっています。
「歯医者は苦手」「歯医者はキライ」と後回しにせず、早期発見、早期治療で、お口の中を健康な状態に保ちましょう。

▲上に戻る