綾瀬の歯科医院なら小高歯科クリニック

hr

衛生士さんだより

HOME >>歯科衛生士さんだより >>第2回 入れ歯について その2

第2回 入れ歯について その2

入れ歯について その2 入れ歯は「見た目が悪い」、「面倒だから」、「不自由だから」・・・などという理由で、歯が抜けたままにしている方がいますが、いいことはひとつもありません。
歯は全部揃ってこそ、その役割を充分に果たすものです。
それが1本でも欠けたままにしていると、残りの歯に負担がかかり、健康な歯まで早くダメになってしまいます。また、歯が傾いたり、噛み合っていた相手の歯が伸びたりして、全体の噛み合わせが狂ってきます。
入れ歯は慣れてくると、体の一部のようになってきますが、私たちの顎の形は常に少しずつ変化しているので、入れ歯もそれに合わせて調整しなければなりません。
入れ歯を作製し、装着したら終わりということではなく、しっかりと機能し、役割を果たしているかをチェックしていくことも重要なのです。

歯が抜けたままになっている方は、早く歯科医院を受診されることをおすすめいたします。
また、入れ歯以外にも、歯が抜けてしまったところを補うことが出来る治療法がありますので、当院へ相談にいらしてみてください。

▲上に戻る